User:Ayunyan/ja:Installation

From Habari Project

Jump to: navigation, search

Contents

 インストールの前に 

サーバ要件

  •  サポートしているWebサーバ
  • サポートしているデーターベース
    • MySQL 4.1.x以上
    • SQLite
    • PostgresSQL
  • PHP バージョン 5.2以上及び下記のモジュール
    • PHP Data Objects (PDO)及び使用するデータベースのPDOドライバー
    • SimpleXML
    • Hash
    • Iconv
    • Mbstring
    • Tokenizer
    • JSON

To install habari on Dreamhost you need to make sure that you have php5 selected when you are in the manage domains menu. If you are stuck there is a faq here.

パーミッションの変更

インストーラを起動する前にHabariがインストールされるフォルダに書き込み権限が必要です。全てが完了するとHabariのインストーラは自動的にconfig.phpファイルと.htaccessファイルを作成します。

あなたのホストがGNU/Linux (又はその他のUNIX like OS)ホストであれば、Habariをインストールするルートフォルダに下記のchmodコマンドを適用してください。

chmod o+w .

これでHabariのインストールディレクトリに誰でも書き込みが可能になりました。WebサーバがHabariの実行に必要なファイルを作成するためにこの作業が必要です。

インストールプロセスが完了したら下記のコマンドで書き込み権限を削除してください。:

chmod o-w .

よりセキュリティに配慮したインストール方法

Habariのインストールディレクトリに書き込み権限を与えるのに躊躇する場合は代わりに下記の方法があります:

touch .htaccess
touch config.php
chmod o+w .htaccess
chmod o+w config.php

空の.htaccessconfig.phpファイルを作成して、これらのファイルだけに書き込み権限を与えます。Habariはこれらのファイルに必要なものを書き込みます。

インストールが完了したら次のコマンドで書き込み権限を削除します:

chmod o-w .htaccess
chmod o-w config.php

Habariのインストールプロセスは、既存の.htaccessファイルがある場合もそのファイルを壊さないようにインストール作業を行います。

PHP5を有効化

いくつかのサーバはPHP4とPHP5の両方がインストールされていて、.phpファイルがデフォルトでPHP4になっている事があります。 その場合はHabariのインストールディレクトリにある.htaccessファイルに次のテキストを加えることでPHP5をデフォルトにすることが出来ます。

AddHandler application/x-httpd-php5 .php 

Please read your host's FAQ as some hosts may require a different AddHandler.

Habariのインストール

ステップ 1: ダウンロード及び解凍

As Habari is still in development, no guarantees are made that these are fully stable versions, or that updating won't break the current database structure.

開発版

SVN チェックアウト

SVNを使用するためにはサーバへのSSHアクセスが必要になります。いくつかのサーバはデフォルトで可能ですが、SSHアクセスをするためにはサーバ業者に要求する必要があるかもしれません。

  • Webサーバにログインします。
ssh username@yourblog.com

サーバはパスワードを聞いてきます。パスワードを入力することでログインします。

  • Habariをインストールしたい場所にディレクトリを変更してください。ディレクトリ名は異なるかもしれません。
cd ~/public_html/habari/
  • ソースコードをチェックアウトします。
svn checkout http://svn.habariproject.org/habari/trunk/htdocs .
  • Habariをインストールするディレクトリに変更していなければ下記のコマンドでHabariディレクトリにチェックアウトしてください。
svn checkout http://svn.habariproject.org/habari/trunk/htdocs habari

参照: Subversion and applying patches

ステップ 2: データベースの準備

As mentioned, Habari requires a database from one of the supported formats. If you are running on a professional hosting company (see Supported Hosts), chances are you either were provided with a database, or a web interface for creating a database. If that's the case, you can skip to the next step. Either way you are going to need:

  • The name of the database
  • The database user
  • The password for that database user.

Please note that by default some third party hosts add your user name prior to these items.

ステップ 3: インストーラーを実行

After checking out the files, and creating your database, you are ready to run the installer. Open your web browser and navigate to your install location, ie, http://example.com/habari. You should be prompted with an installer, requiring you to choose your database type, and the necessary information to complete installation.

If the installer is not working properly, the Common Questions page has some information that may help you troubleshoot the installer.

データベースホスト

この値は99% localhostです。そのためインストーラーのデフォルト値のままにしておくべきです。

If this is not the case, your host should have provided you with the necessary information. For example, if your installation is to be hosted on Dreamhost, then this value will be mysql.yourDomain.com.

ユーザ名

This is the user name for the database, not your domain's user name. If you created your database via the common C-Panel interface, remember this name is prefixed by the account, then the username, ie, user_dbusername.

パスワード

これはデータベースのパスワードです。アカウントパスワードではありません。

データベース名

This is the name of the database you created for your installation. As with the user, it's possible the database name is prefixed with your domain username, ie, user_databasename.

テーブルPrefix

habari__ is the default, however if you are using multiple instances of habari in the same database, or have your own naming conventions, you can change the prefix here.

Fill in the remaining data with the name of your blog, an admin user name and password, and a default email. Note that these can be changed later.

Click install, and if all goes well, you should be taken to the blog's home page. You can then log in with the admin name and password you used on the installer page, and start blogging!

If you had any problems, you can post to the Habari user group. Be sure to provide as many details as possible, including version of PHP, MySQL, and server config.

上級者向けインストール

事前に.configファイルを定義してインストールプロセスを自動化する方法を解説します。

Predefined Configuration

Depending on your DBMS of choice, MySQL or SQLite, copy <root>/system/schema/<dbms>/config.php to the root folder, where index.php is.

Modify this array definition, or similar, in the copied config.php file.

$blog_data= array( 'admin_username' => 'ernie',
        'admin_pass1' => 'RubberDuck',
        'admin_pass2' => 'RubberDuck',
        'admin_email' => 'ernie@www.sesamestreetlive.com'
        );

Valid Parameters

        'db_user' => '',
        'db_pass' => '',
        'db_schema' => 'habari',
        'connection_string' => '',
        'table_prefix' => 'habari__',
        'admin_username' => 'admin',
        'admin_pass1' => '',
        'admin_pass2' => '',
        'blog_title' => 'I love Cookies',
        'admin_email' => 'bert@www.sesamestreetlive.com', 

NOTE: the password elements accept either plaintext or encrypted passwords. We strongly recommend that you never store a plaintext password in your config.php file. You may use our SSHA512 password encryption page to generate an encrypted password.

These values will be extracted when or if index.php detects that there are DBMS tables present. In that case, the installer will not display the form but use these values instead.

This will allow a fully automated installation, without any prompts being displayed to the user (assuming the $db_connection array is properly constructed, too).

At the moment, it's a convenience for those who are constantly re-installing Habari and who don't want to waste a bunch of time keying in the same values over and over. It's also the basis of an automagic deployment tool for hosting providers.

トラブルシューティング

詳しくはトラブルシューティングを参照してください。

Special Instructions

Software Bundles

Web Servers

Hosting Solutions

Personal tools